« 安佐北区綾ヶ谷地域の「黒い雨」の会の皆さんの声を直接聞きました。 | トップページ | 3・11追悼 さよなら原発のつどい  1000万人アクシヨン イン ヒロシマ »

2012年3月 9日 (金)

さよなら原発写真展8日から3日間

さよなら原発安佐北区民の会が「さよなら原発写真展」と8日から3日間安佐北区民文化センターのロビーで開催されます。

 開会セレモニーに参加しました。 

  写真家山本宗輔作品「大綱元原発事故の現場から」と記録DVD 「2万4千年の方舟」の上映されます。

 震災、福島の原発事故から1年、事故は今なお、福島県のみならず広範な地域で人々を苦しめ続けています。写真展では昨年5月に岩手県の被災地に行って見た様子が蘇ってきました。自然の脅威を日本中が思い知らされたこの1年、どう自然と向き合って生きていくのか私達に問い続けています。特に、原発事故が何をもたらしたのか。飯館村から移住されてきた青木達也さん家族の思いを直接聞いた私達、原発はなくすしかない。再生可能エネルギーに転換させていくのが私達大人の責任だと決意をさせた1年でした。

  展示されていた福島の子どもの子どもからの手紙にとても胸がいたみます。

         、外で遊びたい

          放射能はいつなくなるの?

          マスクをしたくない

          きれいな空気がすいたい。

          なんで原発をこんなにたくさん作ったのですか?

          死にたくないです。(早く)

          友達と離れるのがいやです。

   多くの人に写真展を見てほしいと思います。

                 

« 安佐北区綾ヶ谷地域の「黒い雨」の会の皆さんの声を直接聞きました。 | トップページ | 3・11追悼 さよなら原発のつどい  1000万人アクシヨン イン ヒロシマ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さよなら原発写真展8日から3日間:

« 安佐北区綾ヶ谷地域の「黒い雨」の会の皆さんの声を直接聞きました。 | トップページ | 3・11追悼 さよなら原発のつどい  1000万人アクシヨン イン ヒロシマ »